Edge of the forest

    大きなくぬぎの木の下で暮らし、ちょっと気になったことの記録や思ったことを

    スポンサーリンク

    エキナセア Echinacea

    Categoryハーブの覚書

    エキナセア


    pink-echinacea-2369733_640.jpg

    エキナセアのハーブとしての特徴


    エキナセアはムラサキバレンギクともパープルコーンフラワーとも呼ばれる。

    弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める働きがある。

    アメリカ先住民では蛇の咬みキズ、熱病、治りにくい古傷の治療などに使われていた。

    データ

    学名:Echinacea angustifoliaDC. Echinacea purpurea L.
    英名:Echinacea
    科名:キク科
    属名:エキナセア属
    原産地:北アメリカ
    特徴:多年草 50~60㎝

    性質

    辛味・鹹味(かんみ:塩辛い味))冷・涼・乾

    成分

    多糖体、カフェ酸誘導体、アルキルアミド、揮発油、ピロリジンアルカロイド

    作用

    免疫調節、免疫賦活、浄化、リンパ系の活性、創傷治癒、抗菌、抗ウィルス、抗真菌、消炎

    red-orange-echinacea-2402959_640.jpg

    tui.pngエキナセアの使用上の注意

    ※大量に用いると吐き気、めまいを生じることがある。
    ※免疫抑制剤を服用している人は使用してはいけない。
    ※アレルギー反応を起こす場合がある。



    エキナセアの利用・効果

    エキナセアの煎剤(煎じ茶)

    zugr-115.jpg



    使用箇所:根
    効果

    飲用:感染症
    洗浄剤:化膿した傷



    エキナセアのチンキ剤


    使用箇所:地上部・根
    効果

    飲用:インフルエンザ、悪寒、尿路感染症、腺熱
    うがい剤:のどの痛み、扁桃腺



    エキナセアの粉末

    使用箇所:根
    効果

    湿疹、ニキビ、潰瘍
    カプセル:カゼ、インフルエンザ、腎臓や尿路感染症

    関連記事

    スポンサーリンク