Edge of the forest

    FIAT500・猫・ハーブ・植物 etc.    ちょっと気になったことの記録や思ったことを。

    肌の老化の原因の90%は紫外線!夏に向けて紫外線がどんどん強くなり、気の抜けない毎日。シワ・シミなどの肌の老化の原因の90%が紫外線によるものといわれ、紫外線の肌へのダメージを「光老化」と呼びます。曇りの日でも、薄い雲だと紫外線の80%は通過するといわれ、家の中にいてもガラス越し、カーテン越しに紫外線で日焼けをしてしまう・・・。(゚△゚;ノ)ノそんな気の抜けない光老化対策には、やっぱり日焼け止めが効果的⁉日焼け...
    天津甘栗の保存方法と保存期間天津甘栗をたくさん頂きました♪おいしくっていっぱい食べたけど、た~くさん頂いたのでまだまだある・・・。天津甘栗が残るってことが今までなかったので、ふと賞味期限と保存方法が気になったので調べてみた。天津甘栗の賞味期限作っているお店によって違うけど、製造日から3~5日しかし、時間が経つにつれて硬くなるらしい。天津甘栗の保存方法天津甘栗は時間が経つにつれて水分がどんどん飛んで硬...
    「エプソムソルト」の効果を得るには入り方が重要!お風呂に入ることは、健康や美容などに大切なこと。夜に温かいお風呂に入るとリラックスし、体の疲れはほぐれる♪入浴は医学的にも効果があるといわれ、温熱効果・水圧効果・浮力効果がある。温熱効果:血流をよくし、血行促進。水圧効果:血液循環を促進。浮力効果:リラックス、筋肉の緊張緩和。このお風呂の効果にさらに「エプソムソルト」の入浴剤をプラスして、エプソムソル...
    気になる!ボトルポンプのポンプの洗い方容器って意外と・・・化粧品を手作りで自作することにはまってしまったが、最近、容器に意外と手間暇とお金がかかることを知った。(°_°)容器といってもいろいろあって、ピンからキリまであるけれど、毎日の顔のお手入れ用のものは気に入るもをの♪って思って買ってみました。↑生活の木の青色ポンプガラス瓶というものだが、864円税込。(生活の木オンラインストアで)青色ポンプガラス瓶...
    ジンジャー Zingiber officinalisジンジャーのハーブとしての特徴ジンジャーは和名ショウガで、薬味としてなじみ深い。西洋でも古くから薬用ハーブとして使われている。日本では昔からショウガは風邪の時、ショウガ湯や、ショウガ酒として飲用したり、すりおろしてのどのシップなどに用いたりと、民間療法でも使われている。ジンジャーの辛味成分の一つである『ショウガオール』が血管を拡張し、血行を良くする。血管を拡げて血液...
    この時期、季節性敏感肌にならないようにするには⁉季節性敏感肌にならないようバリア機能を維持しよう!少し暖かくなり始めるこの時期、秋から続く乾燥がピークを迎えるうえに、寒い日と、暖かい日の寒暖の差で脂質のバランスが崩れ、バリア機能が一気に低下してします。そこに花粉症や、紫外線などの刺激が!!!肌の赤くなったり、ピリピリしたり、粉吹いたり」・・・。(T_T)ということで、この季節特有の敏感肌『季節性敏感...
    少しでも楽に過ごすために何ができる⁉花粉症の季節がやってまいりました!私も花粉症です。毎年恒例、にぎやかな季節がやってきました。朝起きてからくしゃみの連発に、鼻をかむ音が家の中に響きます。(´∀`*;)ゞ私の花粉症で家族に春の訪れを知らせております・・・。花粉症とのお付き合いは、かれこれ30年ほどになりました。高校生のころ発症し、毎年花粉症にならない年はない。けれど、症状がひどい年と軽い年がある…。何が...
    カモミール Chamomile German/Chamaemelum nobileカモミールのハーブとしての特徴カモミールはカモマイル・カミツレとも呼ばれる。何千年も前から薬草として使われ、ヨーロッパでは民間薬として利用されているハーブ。その香りから古代ギリシャでは「地上のリンゴ」と呼ばれていた。カモミールには多年草のカモミール・ローマンと、一年草のカモミール・ジャーマンがある。花、香り、葉の形、茎の長さなど外観は少々異なるが、性...
    とろみのある化粧水「モイスチャーローション」を作ってみよう♪乾燥肌にモチっとトロっとした化粧水がほしい!そんなトロっと化粧水が簡単に作れる♪自分で作るから好きなトロっと感で出来るのがいい!ジェルくらいにもできるのでお好きなとろみで。「とろみ」をつけるにはとろみをつける方法はいろいろあります。元々とろみのある材料を使うか、増粘剤を使ってとろみをつけるなど。ガムをつかうキサンタンガムデンプンなどの糖質を...

    つげ櫛のお手入れの仕方

    つげ櫛のお手入れ方法つげ櫛は『髪をとかすだけで艶、まとまりのある美髪に!』と言われるくらいいい櫛。そんないい櫛だから、大事なネコのお手入れにもいい♪つげ櫛の効果*静電気を起こしにくい*素材が木なので当たりがよく、優しい感触で、抜け毛やフケを効果的に取り除く。*コーミングと同時にマッサージができる。*マッサージ効果で血行促進、リラックス。*つげの効果で皮脂の調節ができる。       つげ櫛はオイル...
    カイエンペッパー(トウガラシ)カイエンペッパーの特徴トウガラシは野菜の一種で、主に辛味の香辛料として使われる。トウガラシの種類はたくさん見られ、鷹の爪、ハバネロ、ピーマン、しし唐、パプリカなど。ハーブではカイエンペッパーCapsicum frutescensとも呼ばれる。悪寒、リウマチ、抗うつの治療にも使われる。データ学名:Capsicum annuum英名:Chili pepper(チリペッパー)科名:ネス科トウガラシ属原産地:中南米特徴...
    おいしい唐辛子『本鷹』2015年4月に苗を購入し、以来、うちの料理に欠かせない唐辛子『本鷹』よく見かける「鷹の爪」より一回り小さく、実が2~3㎝ほどの大きさの唐辛子。1本の苗にたくさんの実がつき、たくさん収穫できた。乾燥させて瓶に保管。(写真:500mlの容量の瓶)料理に使ってみると、これがおいしい‼とうがらしだから辛いけど旨味がある!いろいろな種類のとうがらしを食べ比べたわけではないが・・・。もとも...

    金柑の甘露煮

    金柑をもらったので甘露煮を作りました♪金柑をもらいました♪金柑の甘露煮を作ろう♪と思ったら、いつも何気に食べているけど「金柑って体にいいんだよね??」と効能が気になったので調べてみた。金柑茶にしてもおいしい!金柑の甘露煮を作るときシロップ(煮汁)を多めにして作り、シロップをお好みの量のお湯で割り、お茶にしてもおいしい♪(〃▽〃)さらにちょっとお酒(ラム、ブランデーなど)を足して簡単金柑酒のお湯割りに♪金柑と...
    月桂樹 ローリエ ローレル 月桂樹のハーブとしての特徴月桂樹(げっけいじゅ)は、ローリエ、ローレル、ベイリーフなどとも呼ばれ、食用、薬用として使われ、煮込み料理などの香辛料として親しまれている。 月桂樹に含まれる精油には、整腸、食欲増進、消化促進の作用がある。 データ学名:Laurus nobilis 英名:laurel 科名:クスノキ科 原産地:地中海沿岸 特徴:常緑高木 雌雄異株 性質陽・温・乾 成分シネ...
    秋バージョン!保湿ケアオイルを作ろう!涼しくなり、ホッと油断していると‼今度は乾燥が気になるこの時期。今度は保湿を重視したスペシャルオイル!!!髭剃り負けにもいいかも⁉万能⁉スペシャルオイルうちの主人は春からずっとオイルが気に入って使い続けている。初夏の日焼けケアオイル - ハーブ・アロマ・手作り化粧品日焼けケアオイル第2弾  - ハーブ・アロマ・手作り化粧品オイルを使う前は、肌が弱くて髭を剃るとカミソリ負...
    エキナセアエキナセアのハーブとしての特徴エキナセアはムラサキバレンギクともパープルコーンフラワーとも呼ばれる。弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高める働きがある。アメリカ先住民では蛇の咬みキズ、熱病、治りにくい古傷の治療などに使われていた。データ学名:Echinacea angustifoliaDC. Echinacea purpurea L.英名:Echinacea科名:キク科属名:エキナセア属原産地:北アメリカ特徴:多年草 50~60㎝性質...
    おいしい苦味のコーヒーういろうエスプレッソで作る♪ういろう!!!モチモチっとして、癖になる苦味♪自分で作るので甘さも自分の好みにできるのでおススメ!コーヒーういろうの作り方材料ちょっと多めの分量(半分でもいいかも・・・)小麦粉 強力粉 (TYPE ER) 200g  薄力粉でも。強力粉の方がモッチリ感UP 砂糖 てんさいグラニュー糖 180g  お好きな砂糖で…。エスプレッソ 600㏄濃い目のコーヒーでも。作り方エスプ...
    ニホンミツバチの蜜蝋って?市販しているほとんどのハチミツや蜜蝋は西洋ミツバチのもので、ニホンミツバチのハチミツや蜜蝋は今では貴重なもの。ニホンミツバチは性格もおとなしく、樹木の花蜜を集め、そのハチミツは古来より滋養の高い『幻の百花蜜』とも呼ばれるほど。それなら手作り化粧品クリームもニホンミツバチの蜜蝋を使った方がいいのではないかと・・・。でも、何が違うの???蜜蝋(みつろう)って?英名:Beeswax(び...
    ハーブの利用法『煎剤』煎剤 Decoction一般的に煎じ茶と呼ばれる。ハーブの熱に破壊されにくい成分や浸剤では浸出しにくい有効成分を得る方法。より濃く抽出することができる方法。使用部分は、根・樹皮・種・実などの堅い部分を使用し、芳香成分は主成分のハーブには向かない。煎剤の作り方【作り方】4回分(200㎖)ドライハーブ10g鍋、ポットなどにハーブと水250㎖入れる。火にかけ、沸騰したら弱火で15分~1時間煮込む。...
    ハーブの利用法『浸剤』浸剤 Infusionハーブティーと一般的に呼ばれているもので、手軽にハーブを利用することができる。この方法は、香りや色合いを楽しむことができ、ハーブの水溶性の有効成分を得ることができる。花や葉など柔らかい部分を使用するが、浸剤には「温浸剤」と「冷浸剤」がある。温浸剤 Hot Infusion熱湯を用いて作る浸剤。発汗作用などを求めるときに用いる方法。【作り方】1回分(200㎖)ドライハーブ1~3g...